乾燥

今日はすごく乾燥しているので、
朝干して出た洗濯物がもう乾きかけ。
画像1

干し野菜もよく乾きそう。
布団も干そう。

畳214枚分の古地図の上で。

琉球国之図と完全復元伊能図フロア展へ行ってきました。
全国初の47都道府県の古地図がそろう!とあって楽しみにしていました。
画像2

馴染みの場所をチェック。
今はない明石城がしっかり描かれていたり、
画像1
画像2

地名が微妙に違っていたり、今と同じだったり、瀬戸内海の島々も細かく記載されていたり、富士山はものすごい大きさだったり。
画像1

秋田のおばあちゃんが住む町はなかった。内陸部は全体的にほとんどなし。輪郭はバッチリ。

伊能忠敬は49歳から測量を始め、17年かけて歩いて全国を測量。
原寸大複製の上に乗って細かく見ることができておもしろかった。
なんと畳214枚分。けっこうな迫力でした。
1歳3ヶ月の息子もずっと歩いて見てくれて、楽しんで?いたかな?
琉球国之図は人だかりでちらっと見ただけで、、残念。
なんと、伊能忠敬が測量を開始する4年前には完成していたそう!

昔の地図は実に興味深い。
まるで昔の森がもっともっと覆っていた日本が見えるかのよう。

次回があるならまた必ず行きたいな。
今歩く道もたくさんの人が前に歩いた道なんだなあ。
あんなことやこんなことや
あんなことやこんなことや
いろいろあって、今日自分が歩いてる。

ふむふむ。
しみじみ。

すべり台

画像1

ダンボールと牛乳パックで
すべり台を作りました。
牛乳パックは椅子の予定でしたが、
なんだかしっくりこず、
私が座ったり台にしてるうちに、
すべり台を思いつきました。
裏から見たらだいたいわかるかんじ。
画像2


デコレーションはこれからですが、
とりあえずは完成。
側面をかっこよくしたいなあ。

出来たてより、一夜明けた今日の方が遊んでくれてる、かな。
私がすべっても大丈夫な耐久性でした。
私より10キロ重い夫も一回だけですが
大丈夫でした。

牛乳パックで階段つけたらなお完璧。

出来て、わあ〜!という顔見ると
次への創作意欲につながります。

ジャングルジムにいきたいところですが、
引越してからにしましょうか。


数日ぶりの晴れ

数日ぶりの晴れ。
午前中、私の用事の間、おとーさんと遊んできてもらった。
外遊びが楽しいね。

雨だと部屋で遊ぶことが多くなり、
あれやこれやと遊びのアイデアをひねる。
アイデア切れになると
室内遊びが出来る場所に出かけたり、
近くのショッピングセンターのようなところの廊下で遊ぶ。

うちにいるときは、座椅子をひっくり返して
トンネルにすると、大喜びでくぐる。登る。
やかんのふたを持ち歩く。
網戸に口づけしながら雨を見る。

image

そして、くるまであそぶ。
誕生日に両親からもらった押しぐるまを押しまくり、逆さにしてタイヤを転がしまくり、
最近お下がりでたくさんいただいたミニカーで
ブーブーと言いながら遊ぶ。
ブーブーなんて私は一言も教えてなくて
く、る、ま、と言ってるのに、なぜか。
母がクロネコヤマトのポイントを貯めてもらってくれたミニカーはどれより精巧なつくり。
思わず宅配のおっちゃんに自慢。
image

あとは、お風呂についての本が好き。

子どもと関わってこなかった人生でしたが、
この一年と3ヶ月、子を見ていたら
いやはや、毎分、そうきたか!という行動。
なんとなく言ってることは理解しているようで、
面白くなってきました。
友人の子も、一緒にみんな大きくなってきた。

しかしまあ、友人から学ぶことは多い。
子育て上の悩みや、発見、
あんなのあるよ、と情報交換。
悩みの受け流し方、仕事のことや身体のこと、
離乳食のことや、時には夕飯のおかずをもらったり。
はああああ。
私も、与えられてばかりじゃなくて、
してあげる側に回れるように、ならんと。

ソムタム

パパイヤをシリシリしてソムタムに。
image

ニンニクは神戸の父産。
唐辛子の代わりにコーレーグース。

夫はこれが好きですが、辛すぎるかもしれません。
私は辛いのが大好きなので、ついつい
コーレーグースをなんだりかんだりに入れます。

私はタイへ行ったことがないので、
魚醤の香りで思い出すのは
京都の同じ下宿だった、タイ人の先生。
よく一緒に料理してお互いの部屋で食べました。
日本語とタイ語を教えあったものです。

そんなことを考えていたら、
無性に京都に行きたくなりまして。
もう何年行ってないかなあ。
京都。
もはや特別な響きを持つ単語です。

今日はたっぷり、友だちに話を聞いてもらったからかもしれないな。
自分のこれまで、夢のこと。
夢が叶ったら、今度は
京都じゃなくて、今日のことを思い出すかもしれないな。
ちょっとわくわくそわそわしとります。
キラキラしている人からは刺激をもらいっぱなしだなあ!

よっしゃー!

改めて、家族。

友人に教えてもらい、
高野優さんという漫画家の方の講演会に行ってきた。
何冊かエッセイ漫画を読んだことがあり、その作風そのままの楽しくてじーんとする、というか、私は泣きすぎてズルズルしながらの時間だった。

内容は、、これから聞く方へのお楽しみとして、
子どもの話なんだけど、
子育てって、改めて、自分がどう育ったか、なんだなあ、と。

親との関係、親からの影響、
良くも悪くも、多かれ少なかれ、みんな、抱えて生きているんじゃないか、と思わずにいられない。

私の場合は若干とらわれすぎなとこあるけど。

すでに、あれしたいなあ、これしたいなあ、と、子どもとやりたいことや行きたいことがあることに気がついた。
うーん、要注意?笑

子どもがやりたいことをやれる環境を整えることを、まずは目指そう。
太く、朗らかに生きてくれたら、
そう思った日のことを改めて思い出した時間になった。

三人の母、高野さんが
子育てはとりあえず10年。そこからは友だち、恋人、へと、子どもの大事な人が変わってく、というようなことを言っていた。
わあお。もう二年目か。


講演が終わり、アンケートに記入しながら、隣に座っていた初老のご夫婦が会話。
妻「さあ、、子育て終わってしまいましたけど。もっと早く聞きたかったですね」
夫「笑。いいんじゃないですか」


いいんじゃないですか
とか思っているのは夫だけじゃないんかい!という心のつっこみはさておき、
私は、講演中、何度も目頭を押さえる夫に気づいていたし(うちの夫も。)
何より、歳を重ねて、こうやって一緒にお出かけしているのはいいな、って、思いながら。

今のうちから、いっぱい話して
いっぱいけんかして、
仲直りして、
いっぱい思いを交換しておきたい。
結婚四年目、言葉にしないと伝わらないことに気づき、なんでも放置しない、そのやり方が見え始めたような、、、まだまだ新米夫婦。
いやー、いろいろ、
わかったフリは出来ますが、わからないものですね!家族っていつになってもそんなものな気がする!でも、なんだかもがいちゃうし、ぶつかるし、気になるし。
私たちはどんな家族になるんだろうか、と。
あっという間に、振り返る日が来るんだろう。
ちまちましてる場合じゃないぞ。改めて。

託児付きの講演会で、
席について、しみじみ夫が、
太朗なしで2人なのは久しぶりだねーと言う、
夫婦でこんな一般の場にいるの、初めてだ、と気づく。
前に同じ会場に来たのは、お腹がパンパンの頃だったなあ。あの席に座ったなあ。2人して居眠りしたなあ、なんてことを思い出す。
前は寄り道しながら歩いて来たけど、今日はバス大好きな太朗と一緒だしバスだなあ、と。

歳を重ねて、昔のようには友人に会える時間も話する時間も減り、圧倒的に夫と息子との時間か一番多くなった。
だからこそ
少しずつ出来始めた沖縄の場所、友人に改めて感謝。
頼りながら家族の日々、育児、楽しみながら頑張ろう、と思った。そんな一日。

沖縄も、カーディガンを羽織るのがちょうど良いくらいの気候になってきました。

日帰りもなかなか

台風で数日のばした帰省から無事沖縄に戻りました。
クーラーなしで快適に過ごせる貴重な季節。
毎日毎日、近くの公園にランチピクニックが日課。
贅沢な今を噛み締めながら。。
外ならどれだけこぼそうと気にならないし、すぐ遊べるし、最高!

沖縄に戻ってすぐの私の誕生日。
しみじみ、私が産まれた瞬間について考えてみたり、寝付けない夜。
奇跡の連続で32歳の誕生日を迎えました。

さて、この日は久々にテントを立てました。もう二年ぶりでは?
前に開いたのはテントを補修した時だから、ああ傷んでるだろなあ、と思っていたけど、無事だった!よかった!
image

山道風な所を歩いてみたり。
image

かなり軽ーい格好だし、子しか背負ってないけど、雰囲気が楽しめて良かった!
日帰りキャンプも楽しいな。

帰宅したら、なんとも驚きのサプライズプレゼントが!
夫は、サプライズなどするタイプではなく、この日の驚きったら私はうろたえました。
兎にも角にも、嬉しい一日でした。
いろいろあるけど、来年まで、このサプライズを糧にがんばろ。
来年もよろしく!

須磨水族園

実家に三年いたのに行かず仕舞いだった、須磨水族園へ、ついに行ってきました!
画像1

すごく楽しかった!!
イルカショーとアマゾン館が特に。

リピート山中さんの須磨水族園の歌で踊るの楽しかったー!
子どもがいたから子どものせいにして全力で楽しんでしまった。。

リピートさんは、以前神戸で仕事でお世話になり、
また、加藤文太郎氏の歌も作られていて、わたしはその歌が大好きです。
愉快な須磨水族園の歌を聴きながら、なんか胸がいっぱいになったのは、
神戸の、自分を思い出したからかなー、、

山、仕事、好きな場所、
加藤文太郎の単独行を読んで六甲縦走
リピートさんの歌、
沖縄に一度暮らしてまた戻って
神戸で一年働いて、その時にリピート山中さんにラジオでゲストに来てもらった、その声だもの。
あの一年の仕事も色んな思いが詰まってる。。


美ら海水族館は何回も行ってるんだけどなあ。
また次行ったら違うかな。子どもと行ったら違うかな。

帰りに新長田で、鉄人を見学。
画像2

前に1人で来た頃はまだ施工中で柵があったな。
長田も綺麗な街や。歩道が広い。
新しい街に感じてしまう。
震災前の長田を、神戸を、私は知らないのだ、とまた思った。

神戸の暮らしは、普段の沖縄の生活と、全然ちがう。
いろいろと、雰囲気、風景、人の感じ、、
年に何度かの帰省で、太朗はどんなことを感じるんだろう。

須磨水族園は、次回もまたいきたいなーあ。

…わたしが。

おかえり、はー

先週、ついにはーちゃんが帰ってきた。
ケニアという国から帰ってきた。
画像1

はーちゃんはもともとバイト仲間で
好きな世界が近くて
家がすごい近いこともあり
神戸にいる頃はよく山やらなんやら遊んだり、
うちにも最多訪問。
自転車やらジョギングやらで颯爽と現れます。
はーちゃんの仕事や、私の暮らしが沖縄で、なかなか会わなくなりましたが
今回久々に!
時差ぼけなのか疲れてグルグルなまま来てくれて、最後は横たわりながらおしゃべりをして。笑
翌日も、三ノ宮で私を見つけてくれて、
ベビーカーを押してる私のサポート、、かなり助かりました!
はーちゃんさまさま!

なかなか、なかなか、思うようにあちこち身軽に行けない今だけど、
なかなか、なかなか、友人と会えないけれど、
はーちゃんとは実家が近いことに大感謝。。
太朗がはーちゃんにすごく懐いていて、
なるほど、見る目あるぞ太朗!
いろいろいろいろと、バランスのとれた女性です。
三つくらい年下なんですがね、頼れる人です。
また、またそのうち、いつか、
山行こうね!

という、はーちゃんへの手紙でした。

なつかし。

帰省しました。

那覇空港が、すごい混みようで、
見送りの夫とゆっくりする時間もなく、
じゃ、行ってきます!と、駆け込み搭乗。
ギリギリな上にバスで飛行機まで移動、、、
ソラシドエアに初めて乗った。
息子、ずっと寝てくれて、ホッとした。

実家に直行する前に三ノ宮をプラプラしよう、と
あれこれ考えて、モンベルへ。
ポートライナーで三ノ宮で降りるより、実は一駅手前の貿易センターで降りた方が近いのでは!と降りたら!エレベーターがない!
旅の荷物、ベビーカー、息子9kg弱で立ち尽くす。
階段やたら長いし。
親切な女性が手伝ってくれ無事改札へ。
改札を出たら歩道橋の二階…
めっちゃ必死で階段降りました。
ベビーカーと車椅子の方、貿易センター駅は要注意。

ともあれ、モンベルに到着。
息子に買うか迷っていたサイズをチェック。
80か90か、メーカーによっても違うし、大きめを買っても、実はこぼしたりなんだりで汚れて、サイズが追いついた頃には汚くて着せられないという経験からサイズは気になる。
沖縄だし最近はネットで買っていたけど、
働いていた頃は、ベビーのサイズなんて気にもしてなくて、全然わからず。。
結果、納得して、90にしました。
沖縄にもモンベル出来て欲しいな。
お店、しみじみ、懐かしかったー。
トイレ掃除のやり方怒られたなー、とか
この階段をやたらでっかい足音で通る人いたなーとか、
いろんなエピソードを息子に聞かせた。

あれこれ指差しアウアウ話す息子と歩く三ノ宮。
見える風景が全然違った。
バイト帰り、みんなと歩いた道。
よくいったお店。階段で地下なんて入れない。
ユザワヤで生地を見たり、シサム工房でこないだなくしたシサムの帽子の代わりを探したり、
したかったけど、やっぱり、用事は一個くらいだな。
ひとまずモンベルへ行けて良かった。
またそのうち三ノ宮いってみよう!
次回はユザワヤ!

こんなところで写真撮るの実は初めて。
image

男子

快晴。

ピクニック。
image


靴で歩くのもだいぶ上手になってきた。

公園にはたくさんの人。
馬鹿騒ぎをしながら、
野球やサッカーに興じる男子たちや、
改造チャリで過ぎ行く男子たちを見ながら、
チラ、とわが息子を見る。
あっとゆーまに、
あほなことばっかりする、汗くさくて、やりすぎちゃう「男子」ってやつになるんだろうなあ。

かわいいだけの赤ちゃん時代から、
やんちゃな男子の影がちらちら、ちらちら。


消防署をじっくり見て、パン屋さんに寄って、
親はたまたま見つけたサーティーワンを食べ、
ぶらぶら歩く。
近所をぶらぶら、我が家の定番。

連休が終わる。

夏の最後に、と、息子にノースリーブを着せたら
しっかり日焼けしていた。

夏の思い出。

かぼちゃボーロ

かぼちゃボーロ。
image

こないだ作ったら好評だったので第二弾。
最近ようやく、砂糖解禁したので
太朗おやつの幅が広がる。
ほんのちょっぴりの、てんさい糖も
初めての甘味は嬉しいみたい。

秋の気配

画像1

まだまだ30度を越す日ばかりだけれど
過ごしやすくなってきた。
毎日歩いているから、どこが日陰か
何時ごろは日陰になるか、
少しずつ、その位置がずれていくので面白い。
風もぐんと秋らしくなってきた。

中部に用事があった帰り、
宮城島の友だちに会いに行った。
うまれたばかりの赤ちゃんにこんにちは。
特別な、静かな、あたたかい、
空気が流れていた。

外出先でも、ベビーカーでも、
お昼寝できるようになった。
外でもご飯をよく食べる。
小さな歩みが長くなってきたので
ようやく靴を買った。
消防車、パトカー、バス、ゆいレールに手を振る。
手押し車を飽きずに押す。
指差しは、いまだにキツネの手をする。
私はこれが気に入っている。
image


切ったり縫ったり、ミシン仕事がしたいけど、足踏み状態な、今日このごろ。
型紙を作って、布を裁断、2日がかり。。

人生の、優先順位をつけて、選びながら、ゆきたい。
いま、この時期に大切にしたいことは、これとあれ。
やるべき、やったほうがいい、やらなくてもいい、やりたい、やりたくない、を自分に問いながら。


先日出会った大きな10歳のリクガメは
野菜しか食べないのに甲羅はカチカチ。
知らないことは無限だな。

車カード

画像1

「やっぱり男の子ねー、車が好きだねー」と、よく言われる。
太朗については、男の子だから女の子だから、のようなことは言いたくないから、やれやれと思うのだけど、(こういうのにまだまだやたら敏感)
車が好き。

掃除機の車輪に始まり、玄関のベビーカーのタイヤ、ミニカー、レンタカーの料金表を握りしめる。
外には車が沢山あるけど、大きい普通の車には反応せず、
バスや、ショベルカー、消防車など、はたらくくるま系が好き。
図書館では、絵本を出すだけ出し散らかして、車の本でピタッ。
今朝は手押し車を、満面の笑みで、いやというほど押しまくっていました。

そして、昨夜、私はレンタカーの料金表を300倍に拡大コピーして、
絵本の補修シールでラミネートして、
角は丸く切り、
車カードを作りました。

今朝、鼻息荒く渡してみたけど、
まーまーな反応。
ま、そんなもん。
数々のバカうけヒット作品を生み出してきた(ペットボトルがらがら、たまごパックぷちぷち、レシート&カード入ダミー財布、破り放題の紙入の開け放題引き出しetc)私としては、燃えました。
掴んで離さないくらいの手作りカード、作りたい!
やっぱりバスかなー。
今度、那覇バスの写真撮ろうっと。

周りの友だちの子は、台所コーナーが好きな男の子や、車が好きな女の子もいるし、
きっと、らしさ、って大人がよってたかって知らず知らずに植え付けてるんだろうか、と思ったり。。
ちなみに太朗は赤のベビーカーで、ピンクの服がよく似合う。(と、親は思っている)
ちなみに、夫もピンクが実は似合う。笑

話はずれたけど、
好きなこと、好きな色、好きな、、、、いろいろを、
後ろからそっと見ていたいなーと思う、今日このごろ。

今日は、夫のNPOの設立総会だった。
私も太朗をファミリーサポートに二時間預けて手伝いに行った。(二時間ずっと寝ていたらしく、サポーターさんからは、暇でした、と^^;)
毎日遅くまで頑張ってたのを見てきたので、太朗と門出を見守れて、よかった。
ここからがスタート。がんばーれー

防災の日に。

image

今日は若狭公民館へ、那覇市の防災ネットワークを考える講座に参加しました。
http://naha-kouminkan.city.naha.okinawa.jp/wak-kou/project/pg162.html
主催は、琉球ニライ大学と、若狭公民館

実際に地震が起きた想定で、
発生何分でどこで何をするか、
どこから情報を得るか、
参加者みんなで真剣に考えました。

那覇市は、地域によっての特色があり、
同じ地域でグループになりましたが、
私は子連れで川沿い暮らし、
五人は年配の方で海沿い暮らし、
かなり、考えさせられました。

年配の方は、
途中からシュミレーションを完全に放棄、
理由は逃げきれないから。
孫のことを考える。とだけ書いておられ、、、。

三時間、しかもワークショップ、、、
子連れなんてもちろん私だけ。
毎回魅力的な講座で、迷いながらも申し込んでは、みなさんに迷惑かけながら、協力いただきながら参加させていただいています。
若狭公民館の宮城さん、みなさん、いつもありがとうございます。
お昼寝一時間、あとはハイハイや抱っこで。

今日は仕事で夫も参加。(他の公民館に勤務)
隣の班だったので抱っこを交代しながら、どうにかこうにか。

母子が講座に参加しようと思うと、大抵、乳幼児学級や、託児付きのもの。
今日のような講座は行きたくても行けないのが本当のところ。
でも今日はいざという時、命に関わる、普段から考えておくべき大事な内容でした。
身近な友だちには内容伝えなきゃ!と思いました。
避難袋の内容と、避難経路、再考する機会です。
また改めて記録が公開されるそうなので、その時はご紹介します。

沖縄の場合、大きな地震が来たら、落ち着いてから県外からの救助まですごく時間がかかる。まずは市民のパワー、と聞いて、本当に、身にしみました。
昼間ならば、まずは太朗を守らねばならない。ご近所にはたくさん子どもと高齢の方。
もっともっと普段から挨拶を交わしていかなくちゃ。

那覇市防災マップ
http://www.gis.city.naha.okinawa.jp/BousaiMap/

ああ、高台だと思っている場所の海抜の低さ!
本当に友人と集まって、避難経路を確認していきたい。


オマケ
太朗がたまたま持っていたお気に入りのおもちゃが消防車でした。
今日は消防隊の方が来ていて、最後に写真を撮ってもらいました。
途中、太朗が消防車を床に叩きつけて、はしごが吹っ飛んだ時も、オオオ…!(ありえないらしい)と、すぐに拾って直してくださいました。消防署にも遊びに来てくださいっ、と言われたけど、ある意味警察署より行きにくい、、、
消防車見に、行ってみようか、な?
2014.5
Twitter
コメント
greenz.jp

もくじ
live earth
自然エネルギーを利用
岡本太郎氏の本
好きな本です。
月別
  • ライブドアブログ