image


能動的に。
自分から。
そんなことを心がけるとグイッと前に動くような今日このごろ。
能動的に出産するのと、病院等々に任せちゃうのとでは、天地の差がありました。
自分と赤ちゃんの共同作業なんだと気づけてよかった、とつくづく振り返ります。

第一子は日々に追いつくのが精一杯だったのに、
今は娘とのおっぱいやオムツや、ねんねや抱っこのリズムが掴めてきて良い具合です。
自分としては、早くも、という感じ。


土日の早朝しか時間がなくて、夫は畑へ。
出かけた瞬間にむくっと起きてダッシュで部屋中、おとーさんを探す息子。ベランダまで探して、泣きながら戻ってくる。
畑だから、すぐ戻ってくるよ、と説明し、
りんごを剥いたり、ゼリーを食べさせたり、おにぎりをわたしたり、その一方で娘が起きないか、起きたらおっぱいしながら息子とお話しながら、、、

昨日は娘、生後52日。
初めて家族四人でピクニックへ。
もう何十回も通った公園に、また新しい思い出が重なりました。

2人から3人、そして4人に。

節目で引っ越ししたら、前に暮らしていた場所が車でたったの15分なのに、懐かしいったらない。

小さな長男を抱っこして歩いた。
手をつないで歩いた。
走るのを追いかけた。
3人で何回もピクニックに出発した。

我が家は4人で、どんなふうに歩んで行くのかなあ。

やっと風が吹いていたら窓を開けたまま過ごせる季節が来た。
ピクニックには少し暑かったけど、すやすや眠る娘の寝顔にホッとした。
息子と久しぶりに走り回ったり、手を引かれながら手づくり市を見て回ったり。

帰宅して午後は4人で四時間近く昼寝しました。

身体も回復したことだし、そろそろ鍛えていこう。
体力の塊の子どもたちに負けるわけにはいかないからなあ。

この日々が、一生戻らない、今しかないんだと、毎日思います。
大事に噛み締めながら日々に感謝しながらゆきたいと思います。
小さな人たちとの今日に感謝。
小さな人からの学びに感謝。
共有して共感するチーム我が家のパートナーに感謝。

ふむ。我が家は4人チームなんやな、と、この感覚大事にしたい。