1年前。
つわり真っ最中で吐きまくる毎日。
辛くて泣いて、
一歳半にもならない息子が
夫がいない時、引き出しを開けて、
タオルを持って涙を拭いてくれたっけ。
2014-12-27-06-26-59

今、ふっくらふわふわ、まんまるの小さな女の子がいる。
うつらうつら、私のミシンの音を聞きながらとろん、とろん。
目が合うと、ふわあ〜とニッコリ笑う。
平和!幸せ!
スウスウ、懸命に呼吸して眠りの世界へ。

2歳五ヶ月の息子。
オカーサン!
ほんの数週間前まで、ターシャンだったのに、もうオカーサン、になった。
大声でオカーサン!と叫んで保育園から帰ってくる。

眠るときはぴったりと、娘と息子に挟まれて。
オカーサン、ダイスキ!
と言われながら眠る幸せ。

21時。家族全員寝る時間。
本当は5時までに起きたいのに、
ついつい寝過ぎてしまう私と夫。

今しかないんだなぁ、と、
息子を見ていて、娘を見ていて気づかされる。
赤ちゃんがやってきて、
赤ちゃんと暮らせるのは一瞬のほんの一年間に満たない期間。
たどたどしい小さな人もすっかり、いっちょまえに、、すぐなった。

今味わいたい。
もうすぐ、生意気なこどもが待っているから。
赤ちゃんから幼児へ、そしてこどもへ。

一年経ったなあ。
新しいピカピカの小さな人間が、
全力で生きよ、と私に教えている。

離乳食が始まった。
おっぱいだけで生きていた時期、ありがとう。
さあ、ごはんの世界へようこそ。